読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンティの目線@シンガポール

シンガポールで兼業主婦。ニッチなSG生活ネタをアンティ(おばちゃん)目線で気ままに書きます。お気軽にコメントください!

ちょっと歩いてインドまで(続き)

f:id:zak-ykk:20170308121039j:plain

 

 

前記事でぶらぶらしていたテッカセンターの二階です。

iloveasia.hatenablog.com

 テッカの2Fは、インドっぽい服がずらーっ!と。シンガポールに来た記念にここでサリーやらパンジャビードレス買うのもいでしょうね。私はまだ作ったことありませんが。もちろんここでなくて、他にもっと高級なお店もあります。ここのは普段着っぽいです。

ここではお直しの店もたくさんあって、おじさんがミシンを操ってガシガシ縫ってるのが新鮮でした。裁縫っていうと表だって男性がやってるイメージはあまりないですが、父の背広はいつも仕立て屋さんが来て採寸したり生地選んだりしてたのを思い出しました…。

 

やっぱりテッカはむわーっと暑いので、外に出ましょう。

テッカの向かいにはリトルインディアアーケードがあります。その先にもお店がずっと続きます。

ぶらぶらしてみましょう。

f:id:zak-ykk:20170310105016j:plain

このカラフルな街並みをご覧ください。これが普通だからね。いいねー明るくて。

そして、ずらっと並んだ自転車。インド方面の皆さんはよく自転車に乗っています。

シンガポールで自転車?

ピンと来ないかもですが、最近乗る人が増えている気がします。(スポーツとして)ですが、ずっと前から乗っているインド方面の人たち(特に出稼ぎの)にとっては日常の必需品なのでしょう。結果運動不足にならないですね。

この国ではすぐタクシー乗ったりヘタレな人が多いですが、実際シンガポールってちゃんとした自転車あればどこでも行けそうな気がする~。それくらいちっさいって事ですけど。

  

 

f:id:zak-ykk:20170310105003j:plain

アーケード向かいの八百屋さん。野菜のディスプレイにもどこか彩りにこだわりを感じます。ハーブもたくさん。こういうの見ると料理したくなる。

 

 

f:id:zak-ykk:20170308120825j:plain

金のお店。Goldsmithは至る所にあります。彼らには装飾品はやっぱり金が映えるんですよね、カラフルな服といい、中華系も金好きだけど、似合う似合わないで言えば モンゴロイドに勝ち目はないと思います。

  

 さらに、タトゥー(といってもヘナですが)ショップもあります。

f:id:zak-ykk:20170308121303j:plain

最高におめかしするときはこんな感じです。めちゃ決まってます!

 

なのでアンティな私ですが、めげずにトライしましたが、

f:id:zak-ykk:20170310112109j:plain

あちゃー。。。   

お見苦しくてすみません。画像は小さくしときました。もちょっとマシな画像はないのか。

 

お試しでやってもらうなら、 ちょこっとアクセントっぽく書いてもらう感じです。

お値段は10ドルもあればいろいろおしゃれなパターンが選べますよ。

パターンを選ぶと若いお嬢さんがささーっと何の躊躇もなく、ものの数分で書いてくれます。よく失敗しないよなーと感心します。

終わったらそのまま乾くまで触らないようにして、カリカリに乾いたヘナを払い落とせば出来上がり。肌には赤茶色に模様が残ります。10日くらいは持ちますね。シンガポールに来た記念にいかがでしょう。

  

リトルインディアアーケードには道に面してインディア〜なお菓子屋さんがあります。  

f:id:zak-ykk:20170308115849j:plain

お菓子だってカラフル。銀箔貼り付けてるのもありますね。謎過ぎる。味が想像できない。できれば材料が見たい。

 

f:id:zak-ykk:20170310111757j:plain

なんなのー!?

f:id:zak-ykk:20170308115944j:plain

考えるだけ無駄だ。やっぱりこういう時は買ってみよう。

 

f:id:zak-ykk:20170308115916j:plain

こちらのしぶいおじさんに売ってもらいました。白い四角のと、ぐるぐるを一個ずつ。(いろいろ試そうと思ったけど、なんか外しそうで無難にしました)もう名前とか覚えられないし、覚えなくてもまあいいや。

 

どれも1ドル前後で安い!まあインドよりは高いんでしょうけど。なかなかミルキーで。。。しかしどうでもいいけど・・・どれもキョーレツに甘い!!!

白っぽいお菓子はほぼコンデンスミルク味、上のオレンジのぐるぐるは、ただもうシャリシャリした砂糖でコーテイングされた揚げ菓子のようでした・・・

うえ~、ほんと甘い。なんか飲み物欲しい。。。辛い料理の後に食べるんですもんね。学んだわ。歩きながら食べるものではないね。

このお菓子屋さんの通路はさんで反対側にもおなじようなお店があり、そっちのほうが若干(って数セントですが、)安かったです。後日試したら、味も実はそちらのほうが好きでした。

  

 

f:id:zak-ykk:20170310104949j:plain

はいはい、お土産にいかがですか~。そもそも神様からしてド派手なんだよなあ。

 

f:id:zak-ykk:20170310112232j:plain

派手はまだまだ続きます。これは実際お土産に人気のようです。ピルケースかな。

 

 

アーケード並びのサリーのお店を冷やかしに。このディスプレイ!着た時のイメージがわきますね。

f:id:zak-ykk:20170310105022j:plain

 店内には山のように生地が積んであります。派手派手ワールドここにあり。サリーを着る女性だけでなく男性もフォーマルな場面ではものすごくキンキラな衣装をあつらえて着るようですよ。

  

f:id:zak-ykk:20170308120600j:plain

お客さんも派手なコーディネートでご来店。

 

 

f:id:zak-ykk:20170310122553j:plain

ひそかに気になるインド料理調理器具、食器類。今のうちに買っておかないと後で後悔しそうだわ。しかし、使い方わからないもののほうが多いよね。好奇心ムクムク。習いたいけどな~

 

...となんだか中途半端ですみません。インド料理すら出てこねえ(怒)って言わないで。

 

まだまだインドは続くんですが、長すぎるのでお散歩の続きはまた今度にします。

 

来たことある方もない方も、偏見持たずに歩いてみてください。いろいろ楽しいですよ。他の国のインド人街より安心して歩けるし、海外初めてという方でもゆっくり楽しめると思います。

 

ちなみにシンガポールは歩いて中国やアラブの街にも行けちゃうナイスな国です。修学旅行の行き先としてはベストチョイスですね。