アンティの目線@シンガポール

シンガポールで兼業主婦。ニッチなSG生活ネタをアンティ(おばちゃん)目線で気ままに書きます。お気軽にコメントください!

タイから来たコーヒー

f:id:zak-ykk:20170314153151j:image

NovenaのUnited Square スタバはスルー。

 

地下へぶらっと行くと、タイのコーヒーを出すカフェがあったので入ってみました。

その佇まいは、どこか庶民的なドトール的な囲気を醸し出しています。

 

f:id:zak-ykk:20170314153211j:imagef:id:zak-ykk:20170314153222j:imagef:id:zak-ykk:20170314153322j:image

doi chaang coffee (ドーイ チャーン コーヒー) 土井ちゃんて(笑)

www.doichaangcoffee.com.sg

タイでは有名なコーヒーブランドになっているようです。

 

またまた暑いのでアイスのdoi chaangをオーダー。

 f:id:zak-ykk:20170314153248j:image

前回同じ6.5ドルでアイスコーヒー飲みましたが、今回量はたっぷりです。実ははじめからミルク入りとは知りませんでした。(ブラック頼んだつもり)でもこれは当たりかな。

 

まずはノーシュガーで。コクがあって、これでも十分。別にブラウンシュガーシロップを付けてくれました。半分飲んでからシロップ入れましたが甘さがくどくなく、それもまた美味しいです。

 

タイ語でドーイは山、チャーンは象です。

北部タイは山が多く、ドーイ○○がたくさん。そこでは王室の肝入りでコーヒー、フルーツ、工芸品などタイの名産品を作るプロジェクトが以前から続いています。タイも頑張ってどうやらコーヒーのブランド化成功しつつあるのでしょう。私がタイにいた頃はこのプロジェクトは始まって間もない頃でした。なんだか感慨深いです。

 

去年チェンマイに行ったのですが、このどいちゃん(笑)コーヒーを始め、本格的なロースターやカフェがたくさんできて来ていて嬉しかったです。昔はタイもコーヒーはロクなのがなかった。。。バンコクのサリカフェに行ったり、スーパーでスズキコーヒーという日本のコーヒーがあってそれがせいぜい。まだスタバもないし、例えばUCCとか日本のカフェのなんで皆無でしたしね。唯一高級ホテルではおいしいのが飲めた、そういう時代もあったんですよ。(1990年代後半のことです。)

 

こちらは、ドリンクはそれなりのお値段のものもありますが、フード類が優しいお値段のようです。ケーキなんかも小洒落てはいませんが…

 

そう言ってるうちにお子さん連れのローカルさんでいっぱいになって来た〜

シンガポールではなんだかんだこういう庶民派のお店が結構息が長いと思う今日この頃です。

 

クレメンティやブオナビスタにもあるようですね。お店の雰囲気はちょっと違うのかも、と期待して、今度行ってみたいです。