読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンティの目線@シンガポール

シンガポールで兼業主婦。ニッチなSG生活ネタをアンティ(おばちゃん)目線で気ままに書きます。お気軽にコメントください!

知らない人が部屋を見にくるよ シンガポールのコンドビューイング

コンド話その1はこちらでした。

iloveasia.hatenablog.com

 今回は「内覧(viewing)」についてです。内覧とは。。。

 

 

 

 

今年は4月14日がGood Fridayという祝日でしたので、シンガポールは3連休。

 

シンガポールは小さい国なので、連休は狭いところから脱出するかのごとく、近隣諸国に気軽に海外旅行に出かける人が多いです。在住の日本人もタイ、マレーシアなどに気軽に出かけます。そりゃリッチな人が多いからです。笑 私もどこか行きたかった。

こんな連休に旦那は2週間出張。外国人だったら連休ある時に出張とかありえんと思うけど。日本人だよまったく。。。

 

そして先週スマホにうちのユニットオーナーのエージェントからSMSが。

 

”Hi, Lor Mee  Our customer ask is this Saturday can view the house at 10:30-11:30am?"

...すごい英語だよな。ちなみにインドネシア人です。(オーナーの親戚らしい。)

 

つまり、内覧のリクエスト。知らない人に部屋を見せなければいけません。連休のど真ん中に??ありえん。掃除だってしなきゃいかんし。時間も勝手に決めてきたな。。。

 

結局日曜に変更してやりました。俺たちにも休む権利があるw

 

 

シンガポールのコンドは賃料も随分下がっているようで、うちも住み始めた4年前より有利な条件で更新しています。このユニットのオーナーも、そこそこ古くなってちょっと値崩れしているこの物件を、まだ高いうちに売り抜きたくてしょうがない様子。最近、毎週のようにお客に内覧させようとして来ます。テナントの私たちも拒否はできません、そういう決まりです。

f:id:zak-ykk:20170417100838j:plainf:id:zak-ykk:20170417100940j:plain

この日は多分シンガポーリアン、中国大陸系のお兄さん方など。インド系の方もきました。

 

日本なら、物件を見るなら誰も住んでいない状態で見るのが普通ですよね。シンガポール(その他海外)ではオーナーがその物件を売りたくなったり、そろそろテナントが出て次の借りてが必要となると、まだ人が住んでいる段階で、その部屋を客に見せるのです。

こっちに来て、見せてもらうのも見せるのも経験しましたが、やっぱり人が住んでる状態で部屋を見るのは、まあ、住んだらどうなるかのリアルな側面も見られるけど、棚とか勝手に開けたりもできないし、部屋の奥まで入るのも気が引けたりで、本当にチラ見のレベル。。。

その程度のチェックで中古物件買おうと思うんだからすごいよなあ。

で、そういうお客さんをエージェントが連れてくるんですが、こっちもいつでもOKではないので、事前に可能な日時を連絡して来てもらいます。たまにお客を束ねてくるので、家の中が知らない人でいっぱいになってびっくりしたことも。最高記録は一回に15人、多分6組くらい。笑(事前に何組連れてくるとか連絡もない。)

 

内覧客がこうしてあれこれ自分の住処をチェックしている時に、こっちはやることなくてスマホいじるくらいしかないです。時々質問が飛んでくるので対応はします。

オーナー、何が何でも売りたいみたいだけど、3ヶ月経過してますが、まだ買い手は付いてない様子。

 

帰り際エージェントに

「ちなみに今ここいくらで売ってるの?」

と聞きましたらお値段教えてくれましたまだまだ億ションだけど以前よりかなり安くなってるようです。

そして、

誰か買いたい人がいたら是非是非連絡して!!」

と名刺まで置いて行きました。残念、私の周りにはそういう人はいないと思うわ。

 

あ〜、今考えたら見に来た富裕層のお客さんにもインタビューすればよかった!どういう物件探してるんですか?とかなんとか。。。今度聞いてみようかなw

 

 ↓へ〜と思ったらクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


海外赴任・転勤ランキング

 

海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi