アンティの目線@シンガポール

シンガポールで兼業主婦。ニッチなSG生活ネタをアンティ(おばちゃん)目線で気ままに書きます。お気軽にコメントください!

東京下町、銀座。どこもアジア度上昇してる件

もう言われてから久しい、日本のアジア化(?)を今回は特に感じたので、振り返ってみます。

 

 

帰省中、ちょっと隙間時間ができたのでぶらぶらすることに。

前から一度のぞいてみたかったので、もうすっかり落ち着いたであろうブルーボトルコーヒー清澄白河)に寄ってみました。

bluebottlecoffee.jp

全くの平日のお昼、住宅街の中に大きな看板もなくさりげなくありました。もう散々話題になったから、もう閑散としてるのかなと勝手に想像していました。

f:id:zak-ykk:20170715145431j:plain

本当に看板ない。ブルーボトルだけが頼りです。w

 

f:id:zak-ykk:20170715145552j:plain

オーダーをしてちょっと待ちます。写真のお客さんは中国系の観光客。ここにもいたかー。結構不便なところなのにわざわざ来るの。すごい。

こちらのお店、コーヒーができると名前を呼ばれます。外国人も日本語で「〇〇さーん」と呼ばれていてフフってなった( ^ω^ )

 

f:id:zak-ykk:20170715150009j:plain

ちょっと飲みかけですみません。ドリップコーヒーは正直全然期待してなかったのですが、豆の選択が自分にぴったりだったのか、なかなか美味しかった。それより美味しかったのがスコーン。でもこのサイズで400円はちょっとなー。。。美味しかったからまあいいですが。

 

f:id:zak-ykk:20170715150301j:plain

空いていると思いきや、初めは席が全くなかったんです。こちらはあまりゆっくり座ってコーヒー飲むお店じゃないようで、持ち帰りが良いかもしれません。その後やっとひとグループ出て行ったので座れましたが、なんか次々とお客さんが来て、私の予想は全く外れていました。

しかし、お客さんの半分以上中国系だったよ。一瞬シンガポールにいるみたいな錯覚に。

隣の若いファミリーは明らかに香港、別のバリッバリにおしゃれなカップルはマンダリン話してたし。。。ガイドブックにきっと載っていたのでしょう。金髪の女性もリュック背負って一人で来ていました。ここも立派な観光地でした。

 

観光地、といえば、車で浅草を通ったのですが、やたら華やかな浴衣姿の女の子(見た目完全20代そこそこ)たちが数人、全員うちわをヒラヒラさせながらやや大股で横断歩道を渡るのを赤信号で見かけました。なんか微笑ましい。

今は外国人向けに浴衣や甚平着付けサービスとかまあ、色々あるのですね。とっても楽しそうでニコニコしてました。自撮りすごいんだろうなあ。お小遣いも凄そうだなあ、なんて。

 

翌日は銀座に用があり、せっかくなので4月にできたこちらにも、お上りさんして来ました。

ginza6.tokyo

いやいや、銀座。聞いてはいたけどホント、シンガポールより外国人多いかもw

地下鉄の出口をスイスイと地図もなく出て行くおばちゃんグループが目の前にいたのですが、完全に観光ではあろうと思うけど、やたら慣れた足取り。これはきっとシックス狙いでは?

と、今度は私の予想は大当たり。まっすぐシックスのビルへと彼女たちは向かっていきました。

f:id:zak-ykk:20170715154013j:plain

これは正面じゃなかったようで。

とりあえず入ります。

f:id:zak-ykk:20170715154208j:plain

上のフロアはまさにツアー客の嵐。本当はゆっくりみたかったのですが、待ち合わせ30分前なので、ささーっと流し地下へいきました。

 

地下は日本人マダムが大勢。パン屋さんや和菓子屋さん?だったかかなりの行列が。それを尻目に早足で一周。タイムアウトでした。

f:id:zak-ykk:20170715154512j:plain

まあ、お店は色々あったのですが、ろくにみてないので、雰囲気だけお伝えします。笑

 

正直、男の人はあまり興味がないところかもしれません。実際ツアーの中国人、休憩コーナーではおじさまたちは大あくびでマダムのお買い物を待っていました。そういうコンセプトのビルなのかな。上の階にTsutayaってあったのですが、それくらいかな。

 

唯一後悔は、

f:id:zak-ykk:20170715155000j:plain

ここに気づかなかったこと。予約が要りそうですが、エルメってシンガポールにないので、ケーキとかちょっと食べときたかった泣

 

今回思ったのですが、全部とは言いませんがアジア系外国人もかなり垢抜けて来て、服装だけでは黙っていると日本人と区別がつかないことが多いです。

リッチな人たちはアジアで続々増えています。(しみじみ)中国は言うに及ばず、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、。。。(インドもお忘れなく)まだまだ彼らは国の人口の一部かもしれませんが、えらく増加しているなあというのが印象です。

また、車で道に面している「インド料理店」「アジア料理店」が私が知る限り、東京近辺だけでもものすごい勢いで増えているというのも、今回感じたことです。聞くところによると、ネパール人もかなり増えてるそうで。事情はそれぞれですが、彼らのように海外でビジネスをするバイタリティ、日本人にももう少しあってもいいかもな、とも思います。

こうしてたまに帰ると、ひしひしとアジア度上昇が半端ないなーと思うのでありました。遠い将来、日本もシンガポールみたいになるのかな??ならないかな?